AIが解析したEC研究所だけの法人リスト
お試し(無料)
トップ > 営業リストの重要性や目的、リストの管理方法について
営業リストの重要性や目的、リストの管理方法について

営業リストの重要性や目的、リストの管理方法について

営業リスト管理の画像_1
企業の売り上げや新規顧客を獲得するためには、事前準備として営業リストを作成しておくことが重要なポイントでもあります。

もちろん営業の効率化を図る上でも重要ですし、何よりもリストをしっかり管理することによって進捗度合いの確認やアプローチの仕方を変更したりなど柔軟に対応する事ができます。

そのため営業リストは事業を成長させる上でもとても重要なウェイトを占めています。しかし、誤った営業リストの管理をしてしまうと大きな損失に繋がることも否定できません。

そこでここでは営業リストの重要性やその目的、リストの管理方法についてまで紹介したいと思いますので、営業リストをお持ちの方もそうで無い方もぜひ今後の参考にしていただければと思います。

○営業リストの重要性や目的

営業リスト管理の画像_2
営業リストは冒頭でご紹介したように、企業の業績を挙げるためには重要なリストになります。リストを所有する事で業績の幅を拡大する事ができるようになります。
ここからは営業リストのメリットも含めてご紹介します。

・営業活動を効率化する事ができる


企業によってその営業手法は様々になってくると思いますが、営業リストを事前に準備しておくことによって営業の際のアプローチの手段を選ぶ事ができるようになります。

例えばDMによるファーストコンタクトを主に行なっている場合、その情報を元に一括してDMを送付する事ができますよね。

また、電話営業を主としている企業だとしても営業リストを所有しておくことで、現時点でどこまでの進捗なのかも管理しやすくなります。

そして何よりも種別や業種によって営業リストを管理することで、多角的なアプローチを実現する事ができるようにもなります。

そのため営業リストを自社でしっかり管理する事ができれば、新規顧客の獲得はもちろんその他の付随する営業活動においても多くのメリットを得る事ができるのです。

営業を主に行う会社であれば、営業リストの存在はとても大切な役割を担うのです。

・新しい施策も生まれる可能性がある


営業活動を行うにあたって、顧客に対してのアプローチ方法は変わってくると思います。長く営業をしているとどうしても業務的になってしまい営業手法も似たり寄ったりになってしまいます。

しかし営業リストを持つことによって新たな施策が生まれる可能性もあります。

例えば、一度の営業で商談に繋がらなかったケースがあった場合でも、他の業種で上手くいった手法などを取り入れることもできるかもしれません。

営業手法が他の業者と似たり寄ったりだと、営業先からは「また営業か、なんか陳腐化されているな」と思われる可能性も0ではありません。

「この企業にはこんなアプローチはどうだろう?」

といった新しい閃きが思い浮かぶこともあります。そのため営業リストはただ単に営業するだけのリストではなく新しい施策も生まれる可能性も秘めているのです。

○営業リストの管理方法について

営業リスト管理の画像_3
ではそんな様々な可能性を秘めた営業リストですが、実際にどのように管理するのが良いのでしょうか。いくつかの管理方法を紹介したいと思います。

・エクセルやスプレッドシートにて管理する方法

エクセルやスプレッドシートで管理することで、パソコンやスマホでも確認する事ができるようになります。

また他の営業マンに対しても進捗状況を共有する事ができますので、非常に便利ですよね。そしてプリントアウトしたりPDFとして出力することもできますので、会議での資料作成においても柔軟に対応する事ができます。

デメリットとしては、管理する際には社内である一定のルールを設ける必要があり、入力の際も若干の入力作業は伴ってきますので営業マン自体にもPCなどの若干のスキルは必要になってきます。

・紙媒体による管理方法

紙媒体による管理方法はいまだに根強く利用されている手段だと思います。

紙とペンさえあればすぐに作成でき、場所を選ぶこともありません。しかし、紛失の恐れがあるだけでなく、記入した人の字体の癖など共有の際に必ずしもおすすめできるとは言い難いです。

可能であればデジタル化をして管理しやすい方法を取り入れるようにしたいものです。

・アプリやツールを使った管理方法

スマートフォンのアプリや外部ツールを活用することで、業務の効率化を図る事ができるようになります。

例えば、最近はSaasの技術によってアカウントさえ所有していればマルチデバイスでその情報を閲覧したり編集する事ができます。

先述したエクセルやスプレッドシートなどもそうですが社内共通のアカウントを作成し、営業部門で共有、管理することも可能です。

その他にも情報管理ツールは多岐に渡りますので、企業に合った管理アプリやツールを駆使することで営業活動を活性化することもできます。

○まとめ

今回は営業リストの重要性や目的、リストの管理方法についてご紹介しました。

営業リストは企業の成長に大きく関係してくる重要なリストであることが分かりました。また、その管理の方法によって営業活動に拍車をかけることもできるようになります。

ぜひ法人の営業リストを所有しているのであれば、その管理方法や重要性についても改めて再確認するようにしてみてください。

お問い合わせ
法人リスト自動検索システム 会社概要ページは新規営業に役立つ サービス一覧 仕組み 使い方 他社比較 サービスと料金 無制限コース リストでこんなことありませんか よくあるQ&A お問い合わせ お試し(無 料)
効くセル ユーザーの声 EC研究所  開発室 効くセルご紹介パートナー制度
株式会社EC研究所
03-5281-0711
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町 3-2 天心舘ビル3F
会社概要